【語り】旅と人生

「出会った人の良いところを取り入れよう!」未来の夫も見つけた23歳バイク女子の日本一周人情旅【このみ】

日本一周を経験した旅人たちが語る「旅のリアル」について紹介します!

こんな経験は、このみさんだけ!?それとも「旅人あるある」?バイク女子一人旅って危なくない?仕事は?そんな疑問が解決するインタビュー記事です。

モロケン
モロケン
今回紹介するのは2021年4月9日から10月6日までの181日間の日本一周の旅に出た、このみさん。
旅の本質は出会いだと語った彼女に、旅の出会いがもたらした変化と人生を変える運命的な出会いとは!?
「人と人のつながり」が注目されている今の時代だからこそ知りたい「繋がった縁から学びを得るための考え方」のヒントが詰まった、このみさんの日本一周論、スタート!

このみさんのプロフィール・SNS

お名前:このみさん

年齢:23歳

バイク:ZRX1200DAEG Kawasaki

日本一周の期間:2021年4月9日から10月6日(181日間)

このみさんのSNSです。彼女の旅を知ることが出来ます!チェック!

ZRX1200DAEGを日本中つれて行きたい!日本一周のきっかけ

このみ
このみ
19歳の時に納車したZRX1200DAEGを見て、このバイクを日本中につれて行ってあげたい!という気持ちになりました。
20歳の時に勤めていた教習所の環境に疑問を抱き退職を決意したタイミングで、バイクを色んな場所につれて行きたいという漠然とした思いを実行するのは今しかない!と思い日本一周を決意しました。それからもう1つ、旅の中での出会いを楽しむこと!これが私の旅です。

ちなみに、日本一周中に行ってみたかった場所にバイクと一緒に行くことができた時「本当よかったね〜!」とバイクに語りかけていたそう。単なる移動手段ではなく、人生のかけがえのない相棒としてバイクと共に旅をしている素敵なエピソードですね。

日本一周を通して伝えたいこと

このみ
このみ
郵便局に勤めていた時、バイク免許取得の必要があって中型二輪免許を取得しました!(本当は小型二輪でよかったみたい)教習で初めてバイクに乗った時とても楽しくて、一気にハマりました。動くチャリンコやん!大興奮。
私は自分の楽しいと思ったことや好きなことをシェアしたいタイプなので、バイクの楽しさも当然発信したくなりました。けどバイクに乗らない人からすると「バイクって危ないよね」って印象を持たれているのも事実・・・。
だからこそ、バイクって楽しいよ!バイクに乗ったらこんなことができるよ!っていうことを、私の日本一周を通して伝えることが出来たら良いな〜って思います。
Instagramで旅日記をまとめてます。見てね!
YouTubeで日本一周の荷造りのアイディアを公開中!このみさんならではの超意外な秘密兵器の紹介も・・・これは観るしかない!要チェック!

旅に出るまでのこと

日本一周や旅に関する情報収集

このみ
このみ
情報収集はYouTubeで!旅の道具はモロケンさんの動画を参考に、日本一周女子旅のアイディアはこつぶさんの動画を参考にしました。

女性は男性に比べて身嗜みに関する物が多くなったり、洗濯ひとつをとっても気を使うことが多いと思います。

ご自身の旅のスタイルや性別に近い旅人の装備を真似するのはとてもオススメ!

まずは真似して徐々に自分のスタイルや装備を見つけると良いでしょう。

以前のインタビューで、ほりおかさんも情報収集はYouTubeのみで済ませたと教えて頂きました。

多くの旅人がわかりやすく情報を発信しているので、旅を考えている方はぜひYouTubeを活用してほしいと思います!

旅の予算・資金調達

旅の予算:100万円(181日間)

資金調達方法:配送業でガッツリ貯金

このみ
このみ
教習所で指導員をしていた頃は、旅の資金をためることが難しかったです・・・。
指導員を辞めてから運送業に転身したことで、旅の資金をガッツリ稼ぐことが出来ました!

日本一周なんて無理!と言われた時

このみ
このみ
おばあちゃんに日本一周したい!ということはずっと言っていたのですが、実際に日本一周に出発する時も「よかったね」と喜んでくれました。友達にも否定されることはありませんでした。
けれども1人だけ、配送の職場の同僚に「バイクの整備も出来ない、運転の上手くないお前に日本一周なんて無理!」と言われました。
モロケン
モロケン
正直、そういうことを言われると嫌な気持ちになってしまうと思います・・・。そんな時、このみさんはどんな風に気持ちを切り替えたんですか?
このみ
このみ
お酒が入っていたこともあると思うのであまり深刻に聞いていませんでした。それに、整備ができないのも運転が上手くないのも事実だし。
でもそういう風に言われて良い気分はしないので、その方とはこれっきりで連絡も取ってません!

ネガティブな言葉を真正面から受け取らない、近づけない、というのはとても大事なことですね。もっともな指摘の部分は自分のためにも受け取って、出来るか出来ないかは自分の責任で決めるべきです。

人は、自分にとって良い環境に身を置く事で、前向きな気持ちで目標に向かって努力する事ができるでしょう!

けれども日本一周って安全に対する意識が低いと、事故や怪我を招いてしまうのも事実です。僕自身「まあ大丈夫♪」という気持ちになって前々回の日本一周ではナイフで指を切って旅自体を中断する大怪我をしてしまいました。技術の問題もあるけど、大抵は意識の問題だと思います。

モロケン
モロケン
「どうすれば安全に旅を楽しむことができるか」を考える事が何より大事な事だと思いますし、これから旅に出る方もこれを意識して欲しいです。

不安だったこと

このみ
このみ
実は私、仕事や働くことが大好きなので旅に出る前は、働いていないことに対して不安がありました。
でも旅に出て、1日目!大好きなバイクに沢山乗って凄く楽しくて、不安な気持ちもなくなりました!

このみさんにとって働くことはとても意味のあることだそうです。旅に出てからは不安な気持ちも無くなったそうですが、旅の途中で仕事と旅について様々な気づきがあったそうです。

実際、日本一周どうですか?

旅の生活(費用・食事・宿泊・入浴・洗濯・トラブル)

「旅のリアル」バッチリ聞かせて頂きましょう!

費用

このみ
このみ
主な出費は食費です。1人の時は全然使わないけど、旅人たちと囲む食事や、九州・北海道などなかなか行けないであろう場所のご当地グルメには惜しみなく使っていました!

食事

旅を始めた頃はウイダーinゼリーなどで簡単に済ましていたそう。さすがに力が出ないので、コンビニなどを利用するようになったそうです。

このみ
このみ
1人でいる時はほぼ料理をしていません!
コンビニの他に沢山差し入れを頂いていたので、とても助かりました。その他に、元料理人の旅人と交流があったので、美味しい料理を沢山作って貰いました!
このみさんが選ぶ!日本一周ベスト飯!

❶釣った深海魚で作った鍋

❷稚内で釣った魚で手作り寿司

❸格安ホタテを北海道で購入して、元料理人の旅人が作ってくれた料理

旅の途中、旅人仲間との出会いが食の思い出に繋がるとはとても素敵な経験ですね。人とのつながりを大切にする「人情旅」がテーマのこのみさんらしい思い出でした!

宿泊

主な宿泊場所

  • キャンプ場(70%)
  • 地元の友達の家(25%)
  • 道の駅や公園(5%)

基本的にキャンプ場を利用しつつ、全国に散らばった地元のお友達の家に泊めてもらう事もあるそう。ごく稀に、バイクが壊れた場合にゲストハウスを利用したこともあるそうです。

今は道の駅や公園の利用も厳しくなっているので、色んな宿泊の選択肢がある事はよい事ですね!

入浴・洗濯

入浴:ほぼ毎日、銭湯を利用。北海道では2日に1度程度

洗濯:5日分の衣類をコインランドリーや友人宅を利用

このみ
このみ
旅に出た時は3日分の衣類しか持っていませんでしたが、洗濯の時間が多くなってしまったので途中で買い足して5日分を持ち歩きました!

モロケンもついつい入浴が疎かになってしまいがちですが、衛生面だけではなく清潔感を保つためにも、このみさんのようにちゃんと入浴の機会を設けようと改めて心に誓いました。

初めて出会った人を悪い意味で驚かせないためにも、洗濯や入浴などの最低限の身嗜みは気を付けましょう!

旅のトラブル

このみ
このみ
旅人と公園でワイワイしていたら通報されたことが1度あります。

特に大きなトラブルはなかったそうですが、通報されたことが1度あるそうです。

旅人は何かと目立ってしまうので、他の旅人が肩身の狭い思いをすることがないようにするためにも、周囲から「どう見えるのか」ということに気をつけてましょう!

バイク女子一人旅、安全面は?

このみ
このみ
私はそういうの(身の危険を感じるトラブル)とは無縁だと考えていたし、いざという時も人を殴れると思ってます。
でも男性の旅人で、知らない人がテントの中に入ってくるなどのトラブルに巻き込まれた人もいるみたいです。(ここでは言えないようなことが起こったそうです)男女関係なく、そういうのに巻き込まれてしまう可能性ってあると思うので、旅人は気を付けて欲しい!

実際、このみさんが危険な場面に遭遇することはなかったそうですが、旅人仲間の男性がトラブルに巻き込まれたことがあるそうです。

キャンプ場など人気のない場所だと助けを求めることも難しい部分がありますが、男女関係なく身の安全を守る工夫は重要です。

バイク女子の旅道具事情

安くて軽いキャンプ道具

このみ
このみ
キャンプツーリングの経験がなかったので、モロケンさんの道具を参考にしました。ちなみにテントはネイチャーハイクのハイバイ3です!前室が広いので、荷物を置いたりバイクを入れたりできるのがお気に入り!

安くて軽いキャンプツーリングの道具を選ぶ際、僕の動画を参考にしていると教えてくださる方が多いので本当に嬉しいです。僕自身、つい最近日本一周をしたので(モロケンの日本一周日記はコチラ)最新年度版のオススメキャンプ旅道具の紹介をしたいと思います。お楽しみに!

Goodな道具は◯◯!?

このみ
このみ
キャンプ道具ではないけど三脚が意外と役に立ちました!写真を撮る以外に、ライトを付けて使ったりしていました。

途中で買い足したキャンプ道具

このみ
このみ
キャンプ用のコンパクトな椅子を買い足しました!キャンプ泊の時、料理をしないので夜の時間が長くなります。そんな時に座ってゆっくりしたかったので買い足しました!

モロケンは「キャンプ旅に椅子は不要」と昔から言い続けていましたが、ゆったり過ごす時間が長いのであればリラックスできる椅子はあると嬉しいだろうな、と感じました!

大抵のものは店舗で購入できる時代なので、欲しいと感じた時に購入するスタイルだと無駄がないでしょう。

日本一周する旅人オススメの観光地

このみさんオススメ2選!

  1. 宮城:蔵王のお釜
  2. 熊本:阿蘇の雲海

どちらも圧巻の美しさだったそうですが、「日本にこんな場所があったんだ!」という驚きもあったそうです。

人情旅で学んだ「甘え方」と「素直な生き方」

「甘え方」が分からず、旅の途中で親切をうまく受け取れなかった、このみさん。

そんな彼女が旅の中で「甘えること」を身に付けたきっかけとは・・・?

1人でも大丈夫!が役に立たない一人旅

このみ
このみ
1人でなんでも出来るタイプだし恋愛体質でもないから「1人で大丈夫、なんでもできる」という気持ちが強かったです。
旅に出た頃は「1人でも楽しいからこそ人情旅にしよう」と意気込んでいたけど、甘え方が分からず、心配して自宅に招いてくださった方のお誘いを断ったりしてしまいました・・・。なんで素直に甘えることが出来ないのか悩んでました。

そんな時に、あるひとりの旅人との出会いがこのみさんの悩みを解決してくれます。企業の協力でマスクを販売しながら日本一周をしている、踊るさんとの出会いです。

このみ
このみ
「こんな風に人に甘えて良いんだ」という驚きとともに、なんでも1人で大丈夫だと思うことで頑なになっている自分に気付きました。

1人でなんでもできるからこそ、このみさんにとって、頼ったり甘えることはある意味で「怠けること」だったのかもしれません。

けれども、いろんな人からの応援を受け取り路上パフォーマンスとして還元している踊るさんの姿に、「甘え方」と「甘えた後に還元する方法」を見出したのではないのでしょうか?

モロケン
モロケン
その証拠に「他の旅人や誰かに親切にすることは当たり前だと思う」とこのみさんは語っていました。
受け取るだけではなく、受け取ったものを他の誰かに渡すという、当たり前のようで気付かない、人と人の温かい繋がりの連鎖を感じさせるお話ですね!

良いと思ったものを取り入れる

踊るさんとの出会いだけではなく、多くの出会いに溢れた人情旅の中でこのみさんは「あること」を決意します。

「すごいな〜」って思うだけじゃなくて、自分も同じように行動してみようと思いました!素直に真似してみると、今までの自分よりもレベルアップしたと感じる出来事も多かったです。

旅人と仕事の関係性

日本一周前に、働いていないこと、仕事がないことに不安を感じていたこのみさん。

それでも旅を楽しめたのは、「旅が終わってから何をしたいか?」というイメージが明確にあったからだそうです。

日本一周は就職活動!

このみ
このみ
私は今後、大型自動二輪指導員免許取得後に二輪専従インストラクターとして働きたいと考えています。だからこそ「日本一周が終わった後にうちで働かない?」といった誘いを経営者の方からいただきましたが、全てシャットアウトしてしまいました。
ですが旅に出なかったら知り合えなかった縁なのに、勿体ないことをしたかもと後悔しています。だからこそ、もう少し柔軟に仕事の縁について考えても良かったと思います。

日本一周中に経営者の方と沢山知り合ったこのみさんは「日本一周が終わった後の仕事」について聞かれることも多かったそうです。

人柄や旅人のパワフルさを評価してくれる方も多いため、このみさん曰く「旅の出会いが就職活動のようなものにもなる」そうです。

旅の途中の縁が人生観といった概念的なものだけではなく、次の仕事といったリアルな事柄にも繋がるというもはとても興味深く感じます!

未来の夫との運命的な出会い

旅の出会いを通して、甘え方や仕事など多くの事柄に対して新しい考えを持ったこのみさん。そんな中で、人生を大きく帰る運命的な出会いを果たしたそうです。

このみ
このみ
旅の途中に出会った旅人と恋に落ちました。偶然の出会いだったけど、私にとって驚きに溢れた恋でした!

未来の夫である「彼」と出会ったのは、このみさんが日本一周の旅に出てすぐのことでした。

運命の出会いは、沖縄県。

もしかして、彼とは一目惚れとか・・・?

このみ
このみ
私、恋愛体質じゃなくて、初めて出会った男の人も異性として見るんじゃなくて、オイwwwって感じだから全然意識してませんでした。
でも、沖縄で別れたあとも長崎や福岡で再会したり、怒涛の再会が続きました!その後、山口で「決定的な出来事」が起こって一気に好きになりました!
彼と何回出会うの!?ってとにかく驚いて「おっおっおっおっ」ってなってました!

彼と旅の途中で何度も出会う中、山口県の古民家で宿泊した時、古民家の中に大量のフナムシがいて虫が苦手なこのみさんは困り果ててしまったそうです。そんな時に助けててくれた彼に、このみさんは恋心を抱いたそうです!

まさかフナムシが恋のきっかけになるとは・・・!

とはいえ、彼に気持ちを打ち明けることはなく京都で行動を共にしていた時、フナムシに続く胸キュンエピソードが爆誕します。宿泊の許可を取るために、彼が施設の管理者に「彼女と日本一周していて疲れてしまったようなので宿泊して良いですか?」と交渉なさったそう。

このみ
このみ
交渉のための方便なのは分かってたけど、超ドキドキしました!キャ〜♡

そこからまた、福井や北海道を一緒に巡ったそうです。

彼は一足先に日本一周を完結させたそうですが、岩手県で旅人仲間とワンコ蕎麦を楽しむ会に、噂の彼も合流!

このみ
このみ
その帰りに、告白したら「付き合ってるよね?」と言われて、結婚する?結婚するでしょ!ってなって未来の夫になりました!
モロケン
モロケン
怒涛の急展開でしたね!お二人ともどうか末長くお幸せに!

彼と過ごした日本一周、後悔も・・・

このみ
このみ
彼と一緒に旅をした時間も多いのですが、2人だと話しかけられる回数がメッチャ減りました。私は人情旅にしたかったので、そこは唯一後悔していることです。

日本一周の旅を終えて

今後の旅

今回の日本一周で、もっともっと日本一周を極めたいという気持ちが生まれたそうです。

もっと日本一周をやってみたい!まだ知らない場所が沢山あるので、バイクと一緒に行ってみたいです!

夢の「その先」

今の夢は二輪専従インストラクターだけど、その先の夢について最近は考えることが多いです。今はまだ見つかっていないけど、見つけたいな!

旅の出会いを通じて、今までとは違った生き方のヒントや素敵なパートナーを見つけたこのみさん。

これから日常の生活に戻ってからも、旅の経験が生かされることを願っています!

旅に出たいと願うすべての人へ

旅を始めるベストな年齢

このみ
このみ
若ければ若いほど、声をかけられる機会は増えると思います!私みたいに「沢山出会って人情旅を楽しみたい!」と思っている人は、若いうちに旅に出るのがオススメです。

旅人論「旅の出会いを大切に!」

人に沢山、甘えよう!人生のことや旅の分からないことなんかを、人の良いところを貰って自分の旅のスタイルを見つけてください!
「日本一周の旅に出たい」と思った人なら、誰だって旅に出ることが出来ます!
モロケン
モロケン
このみさんの旅人論、いかがだったでしょうか?
旅の出会い、人情が大きなテーマとなっている彼女の旅は、価値観や生き方を出会いという視点から見つめ直す旅のようにも思えました。
暑い中、沢山のお話を聞かせて頂きました!本当にありがとうございました!
このみさんの出会いの旅、人生の旅が、どこまでも豊かに続くことを心から願っています。
旅の醍醐味はズバリ!出会い!沢山の出会いを通じて、自分の抱えている悩みや疑問を解決することができるでしょう!
ABOUT ME
モロケン@旅とキャンプのYouTuber
「公務員辞めて世界を旅してみたらこんな人生になった」でおなじみのモロケンです。自身の旅とキャンプの経験を元に、自己満足だけの発信ではなく、誰かに役に立つような情報の発信を心がけています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。